本文へスキップ

かしこく なかよく たくましく  大竹市立小方中学校  

     
学  園  章       中 学 校 校 章

○○で子どもの成長を見守ります。大竹市立小方中学校

           

news新着情報       

和6年 2月 2日
2月行事予定  保健だよりを入れました
和6年 1月30日
学校だより  食育だより を入れました
和6年1月20日
体育指導改善計画を入れました
      

大竹市立小方中学校のホームページへようこそ。

  学校長 挨拶

 保護者の皆様、地域の皆様、関係諸機関の皆様、令和5年度も引き続き小方学園の教育活動へのご理解及びご協力をどうぞよろしくお願いいたします。
 本年度も、「一に安全、二に学力」、「安全は何よりも優先する」をベースに教育活動を行います。引き続き、学園教育目標を「かしこく なかよく たくましく」とし、「元気に 仲良く 学習する 児童生徒」を目指します。また、具体的には、授業をはじめ学校の教育活動全体を通じて「じっくり考え、はっきり説明できる児童生徒」「我慢強さ・粘り強さ・協調性を身に付けた児童生徒」を育てていきたいと考えております。
 そのための取組の一つとして、施設一体型小中一貫教育校の強みを手段として取り組んでまいります。例えば、小・中学校の教職員合同の教育研究、学力や生徒指導に係る密な情報連携及び行動連携、中学生から小学生への応援清掃、小中学校合同のボランティア活動などの取組を継続及び発展させてまいります
 また、本年度から広島県教育委員会から「道徳教育推進拠点地域事業」の2年間の指定を受けました。中心校が小方小学校、そして連携校が小方中学校となり、小中学校合同で「道徳的行為をしようとする内面の力を育る道徳科の授業の在り方」という研究テーマを設定し、研究を進めてまいります。道徳科の授業において、道徳的価値観を高めるための問いの質にこだわった授業研究等を通して、研究テーマに迫りたいと考えています。

 学園教育目標達成のために、保護者の皆様、地域の皆様、関係諸機関の皆様のご理解とご協力をいただくとともに、連携させていただきながら、教育活動を行ってまいりたいと考えています 
 令和5年度も小方学園をどうぞよろしくお願いいたします。

 令和5年4月

    小方学園(小方小学校・中学校)    校長  真 鍋 和 聰