【春の講演と交流の夕べ】Lecture & Fellowship party (at Sheraton Hiroshima Hotel)

アメリカのホテルチェーンと日米関係に果たした役割
          日本スターウッドホテル株式会社元会長、ヒラオアソシエイツ代表 平尾彰士氏

Lecture:「US Hotel Chains and Its Played Role on Japan-US Relations」
Speaker: Mr. Akio Hirao (Representative Director- Hirao Associates, Former Chairman- Starwood Hotels Japan

2012年3月21日(水)、シェラトンホテル広島で「春の講演と交流の夕べ」を開催しました。


今回は、日本スターウッドホテル株式会社元会長、ヒラオアソシエイツ代表の平尾彰士氏に、「アメリカのホテルチェーンと日米関係に果たした役割」というテーマでご講演いただきました。

平尾氏は、立教大学経済学部を卒業後、米国ワシントン大学大学院経営学修士課程を修了し、01年にはスターウッドホテル&リゾート ワールドワイド日本・韓国・グアム地区統括社長に就任、06年に日本スターウッドホテル株式会社会長としてご活躍されました。
ウェスティンホテルそしてその後合併したスターウッドホテルでの40数年間のご経験を基にお話くださいました。

平尾氏は、ホテル業に進むきっかけとなる出会い、当時のアメリカでのご経験など、日米関係と深い繋がりを持つご自身の経験を初めにご紹介くださいました。また、アメリカのホテルチェーン誕生とその背景をもつホテルの歴史、日本のホテル産業に多大な影響を与えた米ホテルチェーンのホテル運営方式そして観光立国日本の発展におけるホテル産業の役割について等、貴重なお話をしていただきました。

また最後に、観光地として広島の魅力を多くの旅行者にアピールすることの重要性をお話され、参加者の皆様の共感を呼び、広島の観光発展にも繋がるお話で講演を終えられました。

講演会後の恒例の「交流の夕べ」では、おいしいお料理を食べながら会話も弾み、楽しいひと時となりました。

お陰さまで2011年度も予定していたイベントをすべて無事に行うことができました。ありがとうございました。2012年度も引き続きよろしくお願いいたします。
2012年03月21日