【2009 クリスマス・忘年の夕べ】Christmas & Year End party (at Rihga Royal Hotel Hiroshima)

「2010年の今年の漢字」
駐大阪・神戸米国総領事館 エドワード・ドン総領事
Speech: 「Kanji of the Year 2010」
Speaker: U.S. Consul General Edward K.H. Dong

2009年12月14日(月)、リーガロイヤルホテル広島にて、毎年恒例の「クリスマス・忘年の夕べ」を開催しました。

山本会長のごあいさつで始まります。

「本日は多数ご参加いただき、誠にありがとうございます。
(中略)
今年度は7月の広島日米協会総会に続いて、広島市とホノルル市の姉妹都市提携50周年記念の行事が続き、両国の交流事業が数多く行われました。7月に記念レセプションがハワイで行われ、11月にはホノルル市長をはじめとするホノルル市代表団が多数広島市を訪問されました。10月には「秋の講演と交流の夕べ」に替えて、米国空軍太平洋音楽隊の演奏会をアステールプラザで開催し、多くの参加者が本場のアメリカ音楽を楽しみました。
(中略)
本日は、日米関係の政治的な硬い話は抜きにして皆様の交流を十分にお楽しみください。」

山本一隆会長

続いて、駐大阪・神戸米国総領事館のドン総領事に、日本語と英語のバイリンガルでスピーチをしていただきました。

昨年の「クリスマス・忘年の夕べ」でのスピーチで、2009年の漢字を「望」と予想したドン総領事。
「先日、2009年の漢字が「新」と発表され、予想が外れたので「失望」しました。今日は、2010年の漢字を予想したいと思います。」

そして、ドン総領事が予想する2010年の漢字は・・・「実」(jitsu:結実・果実)

「日米両政府とも、刺激策をとらなければ有権者の反発を受けかねません。
有権者の責任は「現実」的な姿勢をとることです。日米両政府の希望への 「現実」的スタンスを「実現」させることです。
私の予想が当たったかどうか、来年もう一度ご招待いただき、皆さんと一緒に確認したいです。」
と、お話しくださいました。

ドン総領事の予想が当たったか、2010年の漢字に注目しましょう!

ドン総領事、来年のクリスマス・忘年の夕べにも是非お越しください!お待ちしております☆

エドワード ドン総領事

Tsutae Nonaka & Fellow
お馴染みのジャズナンバー♪
野中つたえさんの素敵な歌声で
クリスマスの雰囲気に☆

今年も法人会員様よりたくさんの景品をご提供いただきました。


抽選会では歓声があがり、ドキドキしながら自分の番号が呼ばれるのを待ちます・・・。




今年も一年、ありがとうございました。

来年も何卒よろしくお願い申し上げます!

最後は皆さんと乾杯して終わりです。

2009年12月14日