日米協会の活動 [Activity]

【2019 クリスマス・忘年の夕べ】Christmas & Year End party(at ANA Crowne Plaza Hotel Hiroshima)

クリスマス・忘年の夕べが19年12月3日、広島市中区のANAクラウンプラザホテル広島で開かれ、会員93人が出席しました。


 
駐大阪・神戸米国総領事館から参加した広報担当領事アリシヤ・エドワーズさんは、今年の8月6日の平和記念式典を含めて3度目の訪問となる広島の印象を語り、「平和を希求する確固たる決意に感銘しました」と述べ、「広島日米協会が長年にわたり友好の促進・支援に尽力してこられたことをたたえます」と強調。2020年の東京オリンピックで「世界の人々が訪日し善意と相互理解が進むでしょう」と期待を込めました。
 開会あいさつで山本一隆会長は「長年の草の根の交流の大切さを強調していただき、われわれの活動に弾みがつく。強固な日米関係の礎となるよう、今後も地道に続けたい」と謝辞を述べました。

 
アトラクションでは広島市内で活動する「モダンフォークトリオ」が1960年代のアメリカのフォークソングを披露。ピーター・ポール&マリーなどのヒット曲に乗ってアリシヤ領事も手拍子を打つなど、和やかな雰囲気に包まれました。



アリシヤ領事はこれに先立ち、中国新聞社を表敬訪問し、幹部と懇談した後、編集部門を見学。


続いて広島市安佐南区の広島経済大学で90分の講義を行いました。50人の学生を前にジャーナリスト、外交官の経験を交えて、留学の重要性を訴え、学生たちと活発に意見を交わしました。

                                                 中国新聞社の北村常務と広島の印象
                                                 などについて話すアリシヤ領事

2019年12月10日

【秋の講演と交流の夕べ】Lecture & Fellowship Party (at Sheraton Grand Hiroshima Hotel)

「グローバリゼーションとリベラルアーツ~フルブライト留学生として学んだこと~」
  広島女学院院長・学長 湊晶子氏

  2019年の秋の講演と交流の夕べが10月7日、広島市東区のシェラトングランドホテル広島であり、会員ら59人が交流を深めました。


 広島女学院院長・学長の湊晶子さん(87)が、「グローバリゼーションとリベラルアーツ~フルブライト留学生として学んだこと~」と題して講演。東京女子大卒業後の1956年に客船氷川丸でアメリカに渡り、ホイートン大学大学院で学んだ際の学友との交流や授業で受けたカルチャーショックなどについて語りました。

 学生同士のディスカッションの際に湊さんが感じたのは「一人称で語る大切さ」。周囲の意見に流されるのではなく、自分としてのはっきりした考えを持ち、それを主張し通すことの重要性を強調しました。同時に日本人独特の寛容の精神も西洋社会では貴重な特性だとし、「コイントスの裏表だけで決めるのでなく、ジャンケンの3つめの方策や、あいこでひと呼吸置いて考え直すゆとりも尊重されなければならない」と訴えました。

2019年10月09日

【広島日米協会2019年度通常総会(理事会)・講演会・懇親会】 Annual General Meeting(at Rihga Royal Hotel Hiroshima)

『聖地エルサレムとアメリカ』
広島修道大学国際コミュニティ学部 教授 船津靖氏

Lecture:「Holy Jerusalem and the United States」
Speaker: Mr. Yasushi Funatsu

 
 広島日米協会の2019年度の理事会・総会と懇親会(会員交流の夕べ)が米国独立記念日の7月4日、広島市中区のリーガロイヤルホテル広島で開かれました。総会では、18年度の事業・決算報告、19年度事業計画と予算案を承認しました。


 総会後の講演では、広島修道大学国際コミュニティ学部教授船津靖さんが「聖地エルサレムとアメリカ」と題し、民族、宗教が複雑に絡み合う中東情勢について、アメリカとの強い関係も含めて解説しました。共同通信社在任中にエルサレム、バクダッド、ニューヨークなどに赴任した経験を持つ船津さんは、多くのスライド写真などを見せながら、イスラエルとの戦略的同盟関係を保つアメリカの立場を述べ、中東の緊張関係の背景を説明しました。

 
 
 続く懇親会には71人が参加。山本一隆会長の開会あいさつ、乾杯の発声でスタート。広島市内で活動する広島ターフェルオーケストラ団員による弦楽四重奏のシックな調べが会場を包みました。


 中締めの発声は法務副大臣の平口洋衆議院議員。「日米関係をより強固にするため、みなさんの草の根交流が大きな土台になる」と協会の今後の活動に期待を込めました。

2019年07月11日
» 続きを読む