役員について

PDF形式ですので、Adobe Readerをお持ちでない方はダウンロードしてください。

広島日タイ友好協会会則

1、名称及び事務所

第1条
本会は、広島日タイ友好協会と称する。
第2条
本会の事務所は、広島市中区昭和町9番3号伝福寺内におく。

2、目的及び事業

第3条
本会の目的は、日タイ両国民の友好親善、学術文化、及び産業技術などの交流をはかるものとする。
第4条
前条の目的を達成するため、次の事業を行なう。
1、研修会、講演会などの開催。
2、学術文化の交流。
3、産業技術の交流。
4、在広留学生、及び 来広タイ国人の世話。
5、その他の友好親善促進活動。

3、会員及び会友

第5条
1、法人会員…会費年額:1口1万5千円
2、正会員……会費年額:1口5千円
3、学生会員…会費年額:1口2千円
4、会友………理事会によって推薦された者

4、役員

第6条
本会に次の役員をおく。
1、会長…………… 1名
2、副会長………若干名
3、常任理事……若干名
4、理事…………若干名
5、監査…………… 2名
6、事務局長……… 1名
7、事務局次長…若干名

会長、副会長、常任理事は理事会において推薦し、総会の承認を得る。
理事及び監査は、総会において選出する。
理事は理事会を組織し、事務局長1名、事務局次長若干名を互選する。

5、名誉会長及び顧問

第7条
本会に名誉会長、顧問若干名を置くことができる。
名誉会長及び顧問は、理事会の推挙により会長が委嘱する。

6、役員及び名誉会長、顧問の職責

第8条
会長は本会を代表し、会務を統括する。
副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはその職務を代行する。
常任理事は会務を執行し、事務局長は事務を主宰する。
理事は必要に応じて会務に参画する。
監査は本会の会計を監査する。
名誉会長、顧問は会長の諮問に応じ、会議に出席して意見を述べることが出来る。

7、役員の任期

第9条
役員の任期は2ケ年とする。但し再任を妨げない。

8、会議

第10条
総会は毎年一回開催し、会長が招集する。
なお必要があるときは臨時総会を招集することができる。
常任理事会及び理事会は随時会長が招集する。

9、会計

第11条
本会の経費は、会員の会費、寄付金、助成金その他の収入をもってこれに当てる。
第12条
会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

付則

1、本会則は昭和59年7月2日の設立総会から施行する。
2、平成5年6月15日会則一部変更、当日から施行する。